• ホーム > 
  • 最新の診査・診断と負担の軽減

最新の手法・機器を活用し、正確な診査・診断と確実な治療を

最新の手法・機器を活用し、正確な診査・診断と確実な治療を

さいたま市南区南浦和の歯医者「モリカゲ歯科医院」では、確かな技術で「本当に安心できるインプラント治療」を実現するため、インプラント治療の要ともいえる正確な診査診断に力を入れています。こちらでは、当院が外科処置の前に行っている取り組みと、安全なインプラント治療をサポートする手法・機器についてご紹介します。

安心・安全のインプラント治療のために

安心・安全のインプラント治療のために

インプラント治療の成功と失敗を左右する最も大きなポイントは、インプラントを埋め込む処置も重要ですが、その前段階で行う正確な診査・診断にあります。なぜなら、インプラントは顎の骨の厚さや血管・神経の位置などによって埋め込むべき場所や穴を開ける角度が変わってくるからです。患者様のお口の状態をしっかり把握できれば、適切な治療計画を立てることが可能になり、それが確実な処置へとつながります。

CT撮影による精密データの取得

CT撮影による精密データの取得

インプラント治療のために欠かせない存在となっているのが、CT撮影による顎や歯の断層画像です。CT撮影ではX線撮影された画像をコンピュータ上で処理し、三次元画像として再現します。これまでのレントゲン撮影による平面的な画像では見ることができなかった、骨の厚みや形状、顎や歯、血管や神経の位置などを多方向から確認でき、状況を的確に把握することが可能です。

【提携する医療機関でCT撮影を行います】
モリカゲ歯科医院では安全性を考慮し、以下の提携先病院にCT撮影を依頼しています。

医療法人社団松弘会 三愛病院
住所:埼玉県さいたま市桜区田島4-35-17
電話:048-866-1717
HP:http://www.sanai.or.jp/newweb/

戸田中央総合病院
住所:埼玉県戸田市本町1-19-3
電話:048-442-1431
HP:http://www.chuobyoin.or.jp/

メディカルスキャニング大宮
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-240山崎ビル3F
電話:048-658-6632
HP:http://www.medicalscanning.net/

ノーベルクリニシャン(シムプラント)によるシミュレーション

シムプラントによるシミュレーション

シムプラントによるシミュレーション

シムプラントによるシミュレーション

シムプラントによるシミュレーション

※画像はノーベルバイオケア社提供 引用/無断転載厳禁

ノーベルクリニシャンやシムプラントは、CT撮影で得られたデータを解析し、症状に合ったインプラントの最適な長さ・埋入位置・角度などをシミュレーションできるインプラント治療専用ソフトです。患者様のCT撮影データとノーベルクリニシャンやシムプラントを活用することで、顎の骨量や組織の位置関係を把握し、最適な治療計画の立案に役立てています。

診断用WAX UP

診断用WAX UP

診断用WAX UPは、ワックスを盛り上げてつくる口腔内の模型です。インプラント治療では、人工歯の作製時に咬み合わせを調べたり、インプラント体(人工歯根)の埋入位置を把握したりするために用いられます。術後の状態も正確に反映されるので、当院で行っているインプラント治療においてはWAX UPも欠かせない存在です。

インプラント治療をサポートする手法・機器

インプラント治療をサポートする手法・機器

インプラント治療では診査・診断の正確性と同様に、患者様にかかる身体的負担の軽減も重要なテーマになります。外科処置をともなうインプラント治療では、患者様の緊張感、不安、痛みに最大限配慮しなければなりません。当院では治療に対する不安感やストレスが強い方、痛みが苦手な方などにも安心して治療を受けていただけるよう、次の手法・機器を使用しています。

静脈内鎮静法の使用

インプラント治療時には必要に応じて部分麻酔を施しますが、意識がしっかりと残っている部分麻酔では不安が解消しきれず、過度に緊張して全身がこわばってしまうという方も珍しくありません。そういった場合に用いるのが、静脈内鎮静法です。

静脈内鎮静法は静脈内への点滴で徐々に麻酔を効かせていく、全身麻酔にも使われる手法です。麻酔開始から10分ほどでうつらうつらとしはじめ、心地よく眠っているような状態になります。ぼんやりとした意識のなかで治療に対する恐怖心や緊張感から開放されれば、術中の記憶がほとんどないまま治療は完了します。手術が終了したら、鎮静効果を止める薬剤を点滴し、意識の回復をはかります。

※静脈内鎮静法を採用した場合は、すぐに車の運転をしてお帰りになることができませんのであらかじめご注意ください

レーザー治療器の使用

レーザー治療器の使用

当院では、Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)とバイオレーザー(半導体レーザー)の2種類を目的・用途に合わせて使い分けています。インプラント治療においては、歯肉に埋まったアバットメント(インプラントと人工歯の接続部)の頭出しの際、歯肉を切開する際に使用。痛みの軽減だけでなく、術後の治癒促進効果も期待できます。

高周波治療器の使用

高周波治療器の使用

生体に高周波電流を流すと電気抵抗が高い部分(=患部)で発熱が起こるという作用を活かし、痛みや腫れを緩和したり出血を止めたりする効果が期待できる高周波治療器を導入しています。すべてのインプラント治療で必要になるわけではありませんが、患者様の症状や状況に応じて適切に使用しています。

正確な診査・診断にこだわる「モリカゲ歯科医院」はこんな歯医者です医院情報・アクセス・院内紹介