インプラント治療をご検討中の方へ~治療前後の注意点~

インプラント治療をご検討中の方へ~治療前後の注意点~

インプラント治療をご検討中なら、あらかじめインプラント治療で起こりうるトラブルについてしっかり理解しておきましょう。比較的新しい治療法であるせいか、メリットやデメリット、リスクなどをしっかり理解しないままインプラント治療を希望される方も少なくありません。インプラント治療にはさまざまな注意点がありますので、あらかじめ歯科医師に相談する前に基本的な注意事項を押さえておきましょう。

さいたま市南区南浦和の歯医者「モリカゲ歯科医院」では、ご相談にいらした患者様に以下のような内容をしっかりお伝えしています。これらをふまえて、ご自身にインプラント治療が合っているか、それとも別の治療法の方が適しているのかをじっくりご検討ください。

インプラント「治療前」の注意点

そもそもインプラント治療が必要ですか?

そもそもインプラント治療が必要ですか?

「なんとなくよさそう」という理由で検討されている方も少なくありません。しかし実際に治療に臨む段階になって、さまざまな制約にご不満を持たれる方もいらっしゃいます。まずはご自身の健康状態やライフスタイルにインプラント治療が最適なのかどうか、じっくり考えてみましょう。

現在お使いの入れ歯やブリッジにご不満がある方、奥歯を喪失したためブリッジが採用できない方、入れ歯の使用に抵抗がある方、入れ歯の見た目に抵抗がある方、しっかりと咬める力を取り戻したい方などに、インプラントはおすすめです。

未治療の虫歯や歯周病はありませんか?

未治療の虫歯や歯周病はありませんか?

インプラント治療では外科手術をともなうため、虫歯や歯周病といった細菌性の病気がある場合は手術を行えません。健康な口腔内を保つためにインプラント治療を選択するのですから、まずは他のお口の病気を早めに治療しておきましょう。

全身疾患はありませんか?

全身疾患はありませんか?

次のような全身疾患がある方は、インプラント治療を受けることができない可能性があります。現在治療中の全身疾患がある場合は事前に担当医師に相談し、治療が可能かどうか確認しておきましょう。

インプラント治療が受けられない全身疾患糖尿病・心疾患・高血圧

現在服用している薬はありませんか?

現在服用している薬はありませんか?

服用しているお薬によっては、インプラント治療に悪影響が出ることがあります。服用中のお薬については事前に担当の医師に確認するか、当院へお越しいただいた際にあらかじめお伝えください。

手術「当日」から「術後」の注意点

痛みについて

痛みについて

インプラント治療では手術前に鎮痛剤を服用していただきますが、それでも術後に痛みが出た場合は再度鎮痛剤を服用していただきます。処方されたお薬は、自己判断で飲んだり飲まなかったりするのではなく、たとえ痛みや症状がなくとも歯科医師の指示通りに服用してください。

術後の食事について

術後の食事について

麻酔が切れるまでは、食事はお控えください。もし何か口にするのであれば、できるだけ刺激があるものや硬いものは口にしないでください。ゼリーなどのやわらかいものを選んで食べるのがよいでしょう。

術後の出血について

術後の出血について

手術を行った当日は、多少の出血があります。術後のうがいは生理食塩水で軽く済ませていただきます。出血が多い場合は滅菌済みのガーゼを30分ほど咬んで止血します。なお、出血が止まってもしばらくは舌や指などで傷口に触れないようにしてください。出血が止まらないようなら、早急に担当の歯科医師や歯科衛生士へご連絡ください。

腫れがある場合(冷やさない)

腫れがある場合

術後2~3日後に最も腫れが出やすくなります。程度に個人差はありますが、しばらくすれば治まりますので心配せず冷やさずに安静にしておきましょう。数日しても腫れが治まらないようなら、当院へご相談ください。

内出血(アザ)ができた場合

内出血(アザ)ができた場合

こちらも自然に消えていきます。様子を見て治まらないようなら当院へご連絡ください。

帰宅後の生活について

帰宅後の生活について

入浴や激しい運動、飲酒は血行を促進して出血が止まらなくなることがあるので控えてください。入浴はシャワー程度に留めましょう。また、喫煙は傷口や口腔粘膜から有害物質が入り込むためしばらく控えてください。

信頼できるインプラント治療を受けるならモリカゲ歯科医院診療予約はこちらから