• ホーム > 
  • 患者様に合わせたインプラント治療

患者様の症状・状況に合わせて行う特殊なインプラント治療法

患者様の症状・状況に合わせて行う特殊なインプラント治療法

インプラント治療を希望されている方でも、顎の骨量によっては治療を断られてしまうことも少なくありません。インプラントを埋め込む顎の骨が薄いために治療に耐えられない、と診断する歯科医院があるからです。しかし実際は、インプラント治療が可能なケースもあります。

「インプラント情報WEB」を運営・監修するさいたま市南区南浦和のモリカゲ歯科医院では、患者様のお口の状況や症状、顎の骨量などをしっかり診査・診断したのち、最適なご提案を行っています。次にご紹介する特殊なインプラント治療にも対応しておりますので、他院で断られてしまってお困りの方も一度ご相談ください。

骨が薄くてもできる特殊なインプラント治療

骨が薄くてもできる特殊なインプラント治療

インプラントを埋入するにあたって顎の骨量が足りない場合は、骨補填治療を行います。上顎の上に上顎洞という空洞があり、ここへ骨補填材を注入して骨の厚みを確保するのです。下記の処置を組み合わせれば、骨量が不足している方でもインプラント治療が行えます。

サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • サイナスリフト

歯ぐきを横から切開したのち、上顎洞の底部を持ち上げて骨補填材を注入する方法です。手術前に行う場合と、埋入手術時に同時に行う場合があります。患者様のお口の状況によって、処置は微妙に異なります。

ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト

比較的上顎の骨に厚みがある場合は、インプラントを埋め込むのと同時に上顎洞の底部を持ち上げて骨補填材を注入します。サイナスリフトのように、骨の側面に大きく窓を開ける必要がありません。そのため、術後の痛みや腫れなどが少ないというメリットがあります。

GBR
  • GBR
  • GBR
  • GBR

顎の骨が痩せており、骨の量が足りない場合に行う骨再生治療のひとつで、重度の歯周病治療にも用いられる方法です。歯ぐきを切開し、骨量を補いたい部分に「メンブレン」と呼ばれる特殊な膜を設置します。その膜によって歯肉の侵入を防ぎながら、骨の再生を促します。こちらも埋入手術時に行う場合と手術前に行う場合があります。

抜歯即時埋入

抜歯即時埋入

抜歯即時埋入は文字通り、抜歯をして歯がなくなったところへその日のうちにインプラントと骨補填材を埋入する方法です。仮歯で歯肉の形を整えるため、歯がない期間がありません。通常インプラント治療は安全性を考慮して2回の手術を必要としますが、抜歯即時埋入なら1回の処置で治療が完了します。抜歯することがあらかじめわかっている場合におすすめです。

手術が1回で終わることから、身体的負担・精神的負担が少ないのが最大の特長。痛みや腫れが少ないので傷の治りも早く、治療期間は通常の半分程度で済むこともあります。ただし、咬み合わせや骨の量などの条件が整っている場合でないと受けることはできません。適切な診査・診断にもとづいて行われる必要がありますので、ご興味がある方は当院へご相談ください。

顎の骨量が少ないと断られた方、治療期間を短縮したい方はこちらからご相談ください診療予約はこちらから