• ホーム > 
  • インプラント以外の選択肢

インプラントではない治療法~入れ歯やブリッジという選択もあります

インプラントではない治療法~入れ歯やブリッジという選択もあります

歯を失ったときに行う治療には、一般的に入れ歯・ブリッジ・インプラントという3つの選択肢があります。しかし、お口の状況や全身の健康状態によってはインプラント治療が受けられないケース(あるいは他の治療のほうが最適だと判断されるケース)もあり、そういった場合には入れ歯もしくはブリッジによって失った歯の機能を補うことになります。

「どうしても」という場合でないなら……

「どうしても」という場合でないなら……

インプラントは健康保険が適用されない自費診療であり、外科手術による身体的負担をともなう治療法です。無理をしてインプラント治療を進めると、後々トラブルに発展することもあります。わずかなミスが深刻な問題を招くこともあるのが、インプラント治療の難しいところ。インプラント治療のメリット・デメリットとご自身の現状をしっかり理解し、無理のない最適な治療法を選択しましょう。

「インプラント情報WEB」を監修するさいたま市南区南浦和のモリカゲ歯科医院では、客観的で根拠ある診査・診断にもとづき、患者様に最適な治療法をご提案いたします。当院では入れ歯にもブリッジにも対応可能です。歯を失ってお困りでしたら、放置せずにご相談ください。

ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両隣の健康な歯を支えにして、そこに橋を架けるように連結した人工歯を固定する方法です。素材や場所によっては健康保険が適用されます。

ブリッジ

ブリッジのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 入れ歯よりも見た目が自然
  • 入れ歯よりも装着時の違和感がない
  • 保険が適用されることがある
  • 自費の素材なら自然な見た目を実現できる
  • 支えにする健康な歯を大きく削る必要がある
  • 支えとする歯への負担が大きく、将来的にその歯の寿命も縮めてしまうことになる
  • 症状によっては適用できないケースがある
入れ歯

入れ歯は補綴治療のなかでも特に歴史が古く、症例数が多い治療法です。ほとんどの症例で適用でき、保険の入れ歯か自費の入れ歯かを選択できます。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
保険の入れ歯 自費の入れ歯
メリット
  • 保険適用なので治療費(自己負担)が抑えられる
  • 早ければ1ヶ月と、短期間で完成する
  • 壊れた際の修理が簡単にできる
  • さまざまなタイプ、豊富な種類の材料の中から選べる
  • 咬み心地を追求できる
  • 見た目が入れ歯だとわかりにくいものができあがる
  • 耐久性の高い入れ歯が完成する
デメリット
  • 素材や形が限られるため、床に厚みがでて使用感があまりよくない
  • 咬む力が回復しにくい
  • 見た目が入れ歯だとわかりやすい
  • どこかの歯を支えにしていると、その歯に負担がかかってしまう
  • 自費診療なので治療費(自己負担)が高額になる
  • 完成まで時間が比較的かかる
  • 修理ができないもの、しにくいものがある
モリカゲ歯科医院の取り扱い自費診療入れ歯
金属床義歯 ノンクラスプデンチャー
金属床義歯 ノンクラスプデンチャー
床部分に強度がある白金加金やジルコニア、チタンやコバルトクロムなどの金属を用いた総入れ歯(総義歯)です。薄くて軽く、丈夫で耐久性の高い入れ歯が完成します。食べ物の温度が伝わりやすいこともメリットのひとつ。ただし金属を使用するため、金属アレルギーのある方にはおすすめできないケースもあります。 特殊な弾力のある樹脂を使った部分入れ歯です。保険適用の部分入れ歯のように金属バネで歯にひっかけるタイプではなく、素材の吸着力を活かして歯ぐきに固定させます。バネがないので見た目が自然なばかりでなく、軽いのにしっかり吸着するため咬む力がよみがえります。

モリカゲ歯科医院ではインプラント以外の治療法にも対応しています診療予約はこちらから