• ホーム > 
  • 包括的なインプラント治療を

お口のバランスも考えたインプラント治療で包括的な改善を

お口のバランスも考えたインプラント治療で包括的な改善を

インプラント治療を終えた後に、「歯の感覚に慣れていないから」という自己判断で違和感を放置してしまう方が少なくないようです。しかし、この違和感がずっと続く場合は、インプラントと天然歯の咬み合わせがうまくいっていない可能性があります。インプラント治療では特に、治療した部分だけでなくお口全体のバランスまで考えた「包括的治療」が重要です。

「インプラント情報WEB」を運営・監修するさいたま市南区南浦和のモリカゲ歯科医院では、ただインプラントを埋め込むだけではなく、咬み合わせのバランスをチェックしながら包括的治療をご提供しています。治療後もメインテナンスを通じてインプラントを健康な状態で維持できるようサポートしてまいりますので、安心してお任せください。

定期的な咬み合わせチェックが大切

定期的な咬み合わせチェックが大切

姿勢の悪さや歯を失った状態の放置など、咬み合わせのバランスを乱す要因はさまざまですが、なかでも厄介なのが「片側ばかりで咬む習慣」や「歯ぎしり」「食いしばり」といった患者様自身が無意識に行っているお口まわりのクセです。こういった問題はご自分では気が付きにくいものなので、定期的な検診・メインテナンスによる客観的なチェックやケアが欠かせません。

インプラント治療と咬み合わせ

インプラント治療と咬み合わせ

インプラント治療では、人工歯根と連結部(アバットメント)、人工歯の組み合わせによって治療した歯の高さを慎重に調整する必要があります。この咬み合わせがしっかり考慮されていないと、周囲の歯に過度な負担がかかり、ひどい場合は歯を失ってしまう原因にもなりかねません。

インプラント治療は綿密に立案された計画に沿って行われますが、最終的な調整ができるまでに繊細な口腔内のバランスが変わってしまう可能性もあります。お口全体の健康を維持するためにも、患者様には根気よく治療および治療後のメインテナンスに臨みましょう。

実際にあったお悩み、診断、治療例と効果

お悩み

お悩み

  • 口を閉じたときになんだかしっくりこない
  • 食べ物が咬みづらい
  • 肩こりや首の痛みが以前よりもひどくなった
  • 喉の炎症や口内炎ができやすくなった
  • 口が開きにくくなった
  • 左右の頬の高さが違う
  • 頭が左右どちらかに傾いている

他院でインプラント治療を行った患者様から、このようなお悩みをご相談いただくことがあります。ケースバイケースではありますが、次のような診断と治療を行うことによって問題を解決できた患者様もいらっしゃいます。

診断

診断

  • インプラントの高さが低く、上の歯が下の歯にかぶさるようになっている
  • インプラントが低く、他の歯とぶつかっており、歯が削れている
  • インプラントが高く、咬み合う歯が傷つけられている

CT画像診断用WAX UP(別途費用がかかりますので希望される方のみです)を見てみた結果、上記のような問題があることが分かりました。インプラントを入れた後の咬み合わせがうまくいっておらず、放置することでさらにさまざまな悪影響をおよぼすリスクがあったため、治療が必要だと診断しました。

治療例と効果

治療例と効果

連結部に装着する人工歯を修正・再製作して咬み合わせを整えます。埋入したインプラントやアバットメントはそのまま残し、人工歯の高さを調整するのが経済的かつ合理的だからです。咬み合わせが改善されたことで、「口が開けやすくなった」「喉の炎症がおさまった」「食事の際の違和感がなくなった」という声が多くあり、また身体の歪みによる全身症状などが解消されたケースもありました。

インプラント治療後に違和感や不快感が続く場合は、早急な処置が必要です。お困りのことがありましたら、南浦和駅徒歩1分のモリカゲ歯科医院へご相談ください。

咬み合わせを重視した安心のインプラント治療をご希望の方はお気軽にご相談ください診療予約はこちらから