• ホーム > 
  • インプラントを維持するために

インプラントを「長く」「健康に」「美しく」維持するためのポイント

インプラントを「長く」「健康に」「美しく」維持するためのポイント

インプラント治療では、人工歯根と連結部の上部にセラミック製の美しい人工歯を装着することができます。せっかくのインプラント治療ですから、機能の回復はもちろん、見た目にもしっかりこだわりましょう。しかし、インプラント治療は「埋め込んだら終わり」ではありません。治療後のメインテナンスを怠ってしまうと、インプラントが抜け落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

さいたま市南区南浦和の歯医者「モリカゲ歯科医院」では、審美素材に深い見識を持つ院長のもと、患者様が長期的に安心して使用できるインプラント治療およびメインテナンスを行っています。歯科医師や歯科衛生士が、患者様一人ひとりに対して担当者が責任を持って治療後のサポートを行いますので、安心してお任せください。

インプラントの上部構造にはよりよい技工物を

インプラントの上部構造にはよりよい技工物を

歯科技工物にはどんな種類があるのか、どんな特徴があるのかをご存じない方も多いのではないでしょうか? しかもセラミックの色合わせには技術が必要で、普段の洋服を選ぶように簡単に選んだり決めたりすることはできません。

顔のパーツが一人ひとり違うように、歯の色調や形状も誰一人同じということはありません。そのため、患者様にぴったり合った人工歯をカスタムメイドでつくる必要があります。当院では、見た目の自然さ・美しさが問われる治療において、咬み合わせのチェックやシェードテイキング(色合わせ)は可能な限り患者様の納得のいくまで行います。こだわりがあるからこそできるご提案があります。

インプラントは入れてからが重要です

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎について

インプラントは人工歯根、連結部(アバットメント)、上部構造(人工歯)まですべて人工のものなので、これらが虫歯になることはありません。ただし、インプラント体を支える歯肉や顎の骨は人工ではないので、メインテナンスを怠るとこの部分に歯周病に似た症状が起こることがあります。これを、「インプラント周囲炎」といいます。インプラント周囲炎が進行すると、インプラント体を支える顎の骨が溶かされてインプラント体が脱落してしまう可能性があります。

最悪のケースを避けるために

最悪のケースを避けるために

インプラントには神経が通っていないので、症状に気がつくのがどうしても遅れがちです。そのため、定期的に第三者が口腔内をチェック・ケアする定期検診やメインテナンスが重要となってきます。せっかく入れたインプラントが脱落してしまったら――と考えるのもイヤですが、そういった最悪のケースを避けるためには治療後の継続的なメインテナンスが欠かせません。

メインテナンスの期間

メインテナンスの期間

治療後は、年に3~4回のペースで定期検診やメインテナンス処置を受けていただくことをおすすめしています。

口腔内の状態が良好な方は3ヵ月~4ヶ月に1度程度ですが、患者様の状態によってはもっと短いペースの期間を設定する場合もあります。なお、当院のインプラント治療では補綴物10年保証をお付けしていますが、この保証は「メインテナンスを定期的に受け続けること」が条件となっています。

PMTCでメインテナンス

PMTCでメインテナンス

当院のメインテナンスで主軸となる処置は、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる歯のクリーニングです。毎日のブラッシングでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの間の汚れを、専用の機械によって徹底的に除去します。日々のセルフケアとPMTCを組み合わせてインプラント周囲炎の原因となる歯周病菌の数を減らし、インプラントを維持しましょう。

モリカゲ歯科医院ではインプラント治療後もしっかり患者様をサポートいたします診療予約はこちらから